jump to navigation

テンポの可視化(Audacity) 2013/04/04

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
trackback

Audacity1.3.13β
事前作業
テンポ(BPM)を調べる
BPM=134は、「BPM Analyzer」につっこんだ結果より

テンポの可視化(Audacity)
1.音源読み込み、テンポ用トラック追加
2.拡大して音源の開始位置にカーソルを合わせる
(実際はもっと拡大して作業)
3.「生成」→「Click Track」、BPMと長さを指定
長さは分と秒の間はスペース 例)4分30秒→4 30
4.再生してOKそうなら、テンポが見えやすいように音源の音量(GEN)を下げる。
5.「ファイル」→「書き出し」で、wavファイル出力

20130404001 

 

MMDで確認

20130404002

0フレーム目は無音状態のことが多いのでフレーム移動して確認

 

選択している状態によっては、
音源の前にテンポが挿入されたり、音源だけwav書き出しされたり;;

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。