jump to navigation

応援団演舞(俺得トレース)モーション配布!? 2011/01/04

Posted by dbot in 雑記, 投稿作品.
Tags:
add a comment

女の子にコメントでまさかと思いましたが、配布コメントも・・・、またまた、ご冗談をwww。
名誉なコメントを頂きましたが、モーション未完成です。
あと、配布して使われた結果を許容できる心境にならないと無理だと思います。
女の子に大股開きさせちゃいかんですよ。スパッツはいててもね。

(さらに…)

広告

応援団演舞(俺得トレース)DMC2参加した訳とか 2011/01/04

Posted by dbot in 雑記, 投稿作品.
Tags:
add a comment

トレース元の演舞があまりにカッコよかったのでトレースし始めたのはいいものの・・・。
 使用モデル:KAITO、トレース元:応援団演舞(マイナーな動画です)
あれ?これトレースしても誰も見てくれないんじゃないのと気がついてしまいました。
そこで、一番動きで勝負出来るであろう、MMD DANCE MOTION CLIMAX 2(DMC2)2010.12.25-27に参加することを目標にすえました。
トレース元も使用モデルもMMDの観客層にアピールするものではない、この動画に【MMD2遅刻組】と付けてもスルーされること確実、しかも遅刻で白背景カメラ固定は流石にダメ。期間内に投稿することが絶対条件となります。イベント参加作品は全部観るという人も多いはずです。
何が言いたいかというと、モーション未完成+固定カメラで投稿した言い訳です・・・はい。

(さらに…)

俺得トレース完了 2010/12/28

Posted by dbot in イベント参加, MMDのメモ, 動画作成関連, 投稿作品.
Tags: ,
add a comment

【MMD-DMC2】応援団演舞【DMCオリジナル】
白KAITOの間に合わせ感がなんともいえませんが、とりあえずDMC2に参加。
トレース元
3ヶ月近くトレース元の動画を見てたはずなのに、白KAITOのトレース元の動きがかなり違うことに気がついてなかったとか、俺何見てたんだろなてな感じです。

●演算KAITOモデル改造箇所
裾の物理演算の衝突判定から上半身除外
(立ち姿でプルプル防止、つき抜け、床との衝突は対応出来ず)
マフラーとヘッドセット削除
扇子の組込み
コートズボンの黒モデル作成

●扇子の改造箇所
大きさ変更
ボーン約半分に削除、あわせて該当材質削除
(初期読込でミチッとボーンの塊が出てきたのを見たらつい・・・)
ボーン名称変更
(左右2つ必要なので名称が重複してしまう+ボーン削除した勢いでつい)
初期状態を開いた状態から閉じた状態に変更
(オリジナルより開く角度を大きくしたかった為) 

(さらに…)

【MMD】俺得トレース中【その5再生は大事】 2010/12/20

Posted by dbot in MMDのメモ, 動画作成関連, 投稿作品.
Tags:
add a comment

再生は大事
何事もほどほどが大切なんですよ。

俺得トレース(B2パート完成) 2010/12/14

Posted by dbot in MMDのメモ, 投稿作品.
Tags:
add a comment

B2パートはB1パートと比較すると
①000-②340フレーム:別振付
②340-③650フレーム:左右逆転振付
③651-④Lastフレーム:同振付
こんな感じ。
つまり①-②をトレースしてしまえば、後は②-③X軸反転ペーストと③-④ただのペーストです。
そこで無駄に根性を出してX軸反転ペーストを完成させ残りペーストで仕上げました。
とまあ、コピペでほとんど完成したはずだったのですが
落とし穴が
・・・
ほぼコピペなのに、何故かB2パートはZ座標-方面に大幅に移動してしまいました。
何故かといえば、無駄な根性でやり遂げたX軸反転ペーストが原因
①-②パート:動きの関係で-方面に移動
②-③パート:B1では+方面に移動していた
 ⇒X軸反転の力で-方面への移動となった。
③-④パート:B1では①-③の移動を相殺するため-方面に移動していた
 ⇒そのままペーストしたので-方面にさらに移動した
隣の列に突入する程度には移動してしまいました。
頑張った結果
B1パート:緑 B2パート:赤
結局、全体的にZ軸の移動をちまちまへずって、軸からあまり離れない動きに修正。
そして気がついたこと
B1から反転ペーストとコピーだから大幅にずれたのであって、
両方とも反転もしくはコピーならそんなに修正しなくとも良かったかなーと。
・・・思ったりなんかしない!

X軸反転ペーストの手順 2010/12/06

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: ,
add a comment

成功したので手順確定させる。
事前作業:モデルの左右足IKのバイアス値を調べる。(後述)
1.元のモーションを全フレーム指定でコピー
2.反転ペースト(ペースト先になにも登録されてないこととする)
3.センター・左足IK・右足IKのフレーム登録を選択*1
  フレーム編集→フレーム位置角度補正で
   位置:X=-1.0/Z=-1.0 (符号反転)
4.左足IKのフレーム登録を選択
  フレーム編集→センター位置バイアス付与位置
   X=-2.159 (モデル毎に違います*2)
5.左足IKのフレーム登録を選択
  フレーム編集→センター位置バイアス付与位置
   X=+2.159 (モデル毎に違います*2)
6.センター・左足IK・右足IKのY軸の角度βを計算して入力
  Y軸の角度を絶対値で180-度数し符号逆転
   α:元のY軸の角度
   β:反転ペースト後のY軸の角度
   β=(180-(αの絶対値))×(-1×αの±記号)
   β=(180-ABS(α))*SIGN(α)*-1 ecxel式
*1:移動回転が出来るボーンでフレーム登録しているボーンはすべて変更対象だと思う
*2:付属KAITOのバイアス値
【バイアス値の決め方】
左足IKが-、右足IKが+のバイアス値になる
A.PMDエディタのボーン座標から決める。 
 PMDエディタのボーンタブから該当のボーンを選択
 左足IKのX軸バイアス値=右足IKのX軸ボーン座標×-2
 右足IKのX軸バイアス値=左足IKのX軸ボーン座標×-2
B.MMD上でセンターY軸180度回転させ、左右足IKの位置を使用
 該当モデルを読み込み、初期状態でセンターをY軸180度回転
  ボーン編集→数値入力→角度Y=180を入力
 左右足IKを選択し、「初期化」を行い、X軸の位置を確認
  ボーン編集→数値入力→位置Xの値を取得
これでいいのだ
成功しました、感動!!!
該当フレーム、約150フレーム
・・・地道にトレースしたほうが早いような気がしたら負けだから!!
●便利ツール:Vmdconverter
vmdとcsv形式(テキスト)の変換ツール。execelなどでvmdデータ編集が可能。
この存在をもっと早くにしってれば、Y軸の度数一発変換できたのに・・・。

懲りずにX軸反転 2010/12/06

Posted by dbot in MMDのメモ, 動画作成関連, 投稿作品.
Tags: ,
add a comment

さて再びX軸反転失敗しました。
そのうえ、しょっぱなから見落としてた変換箇所があったり・・・
この箇所が影響しているのかといじってみましたが、違うようです。
もう一度落ち着いて、確認
回転は体幹に対して、X軸は前後の傾き、Y軸は方角、Z軸は左右の傾きに相当するようです。
反転ペーストの場合(Z軸反転ペースト)、左右のポーズ反転と位置と方向をZ軸に対して対称にすることになります。
X軸の回転は影響なし、Y軸とZ軸は影響を受ける。
見落としていた、Z軸の回転は左右のポーズ反転の影響で発生しています。
X軸反転は、元から左右のポーズの反転と位置と方向をX軸に対して対称にしたいので、
Z軸の回転は反転ペーストと同じでよいはず。
普通に反転ペーストX軸反転ペーストのつもりだった
さて再び、X軸反転の状態を確認
あきらかに、足の位置が違います・・・。
元(①)の右足と変更後(③)の左足の位置は、位置Xが同じ値であるにもかかわらず
同じX座標にあるようには見えません。
変更後の左足は今の状態よりX軸に対して-方面に、右足が+方面にずれないとおかしいのです。
X軸反転(仮)のずれ
ちょっと閃きました。
読み込んだ直後の状態
この状態でセンター、左足IK、右足IKの位置はすべて0です。初期状態だからです。
もちろん他のボーンも同じく0、角度も0です。
位置情報を持つこれらのボーンの位置は、絶対座標の位置とイコールでは無いということです!
初期読み込み状態のボーン位置
多分これです。
てな訳で、PMDエディタでアドレス調べ
左足IK:X=1.079427 右足IK:X=-1.079427
PMDEボーン座標
反転ペーストはZ軸に対して位置を反転するため、X軸のアドレスは影響されない。
(センターに対してX軸のオフセットはそのまま)
X軸反転はX軸に対して位置を反転したいので、X軸のアドレスを修正した。
左右の足の位置はX軸のアドレスを単純に±した、
センターからのオフセット分と左右の入れ替え分が加味されていないので足の位置がずれた。
ような気がする。
右足が左足の位置に、左足が右足の位置になるXのオフセットを求めればいいのですよ!
きっと多分
Xのオフセット:移動したい座標-元の座標
左足IK=(-1.079427)-(1.079427)=-2.158854=-2.159
右足IK=(1.079427)-(-1.079427)=2.158854=2.159
MMD上は小数点以下4桁は切り上げられ、3桁までになります。
X軸反転ペーストの手順
1.元のモーションをコピー
2.反転ペースト
3.センター・左足IK・右足IKのフレーム登録を選択
フレーム編集→フレーム位置角度補正で位置X=-1.0、Z=-1.0
4.左足IKのフレーム登録を選択
フレーム編集→センター位置バイアス付与位置X=-2.159
5.左足IKのフレーム登録を選択
フレーム編集→センター位置バイアス付与位置X=2.159
6.センター・左足IK・右足IKのY軸の角度を計算して入力

(さらに…)

MMDの座標 2010/12/05

Posted by dbot in MMDのメモ, 投稿作品.
Tags: ,
add a comment

X軸を中心とした反転ペーストを諦めきれずごそごそと
MMDの座標についていまさら確認
MMD座標1
MMDの角度は度数法で、360度表示ではなく、±180度表示です。200度=-160度なのです。
そしてY軸の回転が±の反転するのはZ軸の0座標となります。
MMDでの反転ペースト(Z軸基準)が、角度の反転が±で行われるのはこのためです。
余談ですが、カメラの角度だけは±180度の制限なし、
360度以上の数字もマイナス値も上限なしで使えるそうです。0→810だと2回転+90度します。
カメラの角度を見た目で手入力や正面ボタンでカメラを直して登録すると、逆回転したり2回転したりします。
X軸を基準とした場合どうなるか?
Y軸の回転が-20度であれば-160度となればOKです。
 α:元のY軸の角度
 β:変更後のY軸の角度
 β=(180-(αの自然数))×αの±記号
 β=(180-ABS(α))*SIGN(α)  excel式
 β=(180-20)×-1=-160度
 多分この値でX軸基準の反転が出来ます。
多分、きっと。
 位置Zを±
 回転Yを計算により求める(β)
こんどこそ・・・そう願いたい。

(さらに…)

人力反転ペースト 2010/12/04

Posted by dbot in MMDのメモ, 動画作成関連, 投稿作品.
Tags:
add a comment

X軸を中心とした反転ペーストが出来ないかと、直接ボーン数値をいじってみました。
1.まずは普通に反転ペースト。これで左右のポーズが逆転
 右と左の値を入れ替える
 位置X±
 角度Y±
2.センタと足IKのボーン数値を入力
 位置Z±
 位置X±
 角度Y±
結果
 右と左の値を入れ替える
 位置Z±
 位置X、角度Yは元に戻る。
なんか違います。。。。とほほ
もしかして、角度90度回転か?
ツールを探すか、トレースしなおすか考え中

反転ペースト 2010/12/03

Posted by dbot in MMDのメモ, 動画作成関連, 投稿作品.
Tags:
add a comment

●回転のみの左右対になるボーン(右足左足)
右と左の値を入れ替える。
●回転のみの対にならないボーン(上半身)
Y軸の角度を±する。(180度加算)
●移動・回転の対にならないボーン(センター)
X軸の位置を±する。
Y軸の角度を±する。(180度加算)
●移動・回転の左右対になるボーン(右足IK左足IK)
右と左の値を入れ替える
X軸の位置を±する。
Y軸の角度を±する。(180度加算)
Z軸中心とした動きの場合はこれでおkでございます。
てか正面ボタンでZ軸が真ん中にくるので解りますね。
今回X軸中心にトレースをしてしまったため
センター・足IKの反転ペーストが使えません。
ぐぎぎぎぎg

(さらに…)