jump to navigation

背景AVI 2017/05/23

Posted by dbot in MMDのメモ.
add a comment

背景AVI

MMDの背景AVIは30fps固定として読み込まれる。を訂正
https://maniacbamboo.wordpress.com/2011/11/12/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB/
元は何処で聞いたか忘れました。
そうとも思えないことが多々あったので確認

(さらに…)

エッジの太さ 2016/12/05

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
add a comment

エッジの太さ
全ての親ボーンがルート(0番ボーン)、センターがその次のボーン(1番ボーン)が多いよ的な考え方
エッジの太さは1番ボーン(0番ボーン(ルート)の次のボーン)が基準になる。たしか

20161205004

 

カメラと1番ボーン(エッジ基準)とポリゴン実位置関係。

20161205000

たぶん、こんな感じ

 

その1(エッジ太い):エッジ基準よりポリゴン実位置がカメラの位置に近い

20161205001

 

その2(エッジ普通):ポリゴン実位置とエッジ基準がだいたい同じ(エッジ普通)

20161205002

 

その3(エッジ細い):エッジ基準がポリゴン実位置よりカメラの位置に近い

20161205003

メモ
PMDの材質のAはアルファ値、0.98は特殊値セルフシャドウで影を落とさない。不透明(透過なし)1、透明0、0.9は半透明。
PMXはセルフシャドウON/OFFをフラグとして持つ
PmdEditorでPMXをPMDでエキスポートすると、セルフシャドウなしとなり、材質アルファ値0.98、描画セルフ影マップOFF・セルフ影OFFが設定される。

GIMPでグラデーション塗り 2016/08/21

Posted by dbot in MMDのメモ, PCのメモ.
Tags:
add a comment

こちらを参考に

【MMD】自己流スフィアマップ作ってみた【いちおう解説】 by みなまろ その他/動画 – ニコニコ動画


スフィアマップ作ろうと思ったら、GIMPでつまずきました。

初っ端の円形グラデーション塗りが出来ずにおたおた

グラデーション塗り、
「ブレンド」で、グラデーション「描画色から背景色」形状「放射状」を選択。

20160821001

20160821004

 

順光表現、描画色を「明るい色」、背景色を「暗い色」、グラデーション「描画色から背景色」
20160821005

逆光表現、描画色を「暗い色」、背景色を「明るい色」、グラデーション「描画色から背景色」

トーンカーブ、色→トーンカーブ

20160821002

20160821003

色を透明度に
「色」→「色を透明度に」選択。色パレットがでないorz

20160821006

嘘影エフェクト 2016/08/15

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
add a comment

 

針金PのLocalShadow.fxを試してみました。

MME適用なし

20160814001

MME適用あり(LocalShadow.fx)

20160814002

readmeより
(3)LocalShadow.pmxの描画順序を影生成を行う対象モデルの直前にします。

描画順は多分こんな感じ・・・であってると思う
LocalShadow.pmx ・・・対象モデルA用
対象モデルA
LocalShadow.pmx ・・・対象モデルB用
対象モデルB

(5)「MMEffect」→「エフェクト割当」の「LSMapRTタブ」より対象モデルを選択して LocalShadow_ShadowMap.fxsub を適用します。

ファイル選択時、ファイルの読込条件を「すべてのファイル(*.*)」に変更
(デフォルトは「fxファイル(*.fx)」)

20160814003

複数のモデル・複数の材質を1つで指定できる模様

 

「Picasa」アップロード終了のため、おとなしくブログの画像アップを使用

「Googleフォト」では、画像のURLが取得できず、ブログに貼り付けできなかった

MMDでアクセサリのマウス操作 2016/08/08

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
add a comment

アクセサリ(xファイル)をマウス操作で調整できます。

カメラ操作モードで右下のアイコンをaccessoryに変更します。

アイコンは、上部が回転(Rx,Ry,Rz)、下部が位置(X,Y,Z)なのでなのでちょっと注意
マウスくりくりするとき移動量
  「Shift」押し:移動量大/「ctrl」押し:移動量小 で調整可能

アクセサリの位置調整はもちろん、アクセサリをパラメータにした連動したMMEの調整にも便利

 

readmeより
Ver.7.97(2013/06/29)
・アクセサリを画面右下のアイコンで移動できる仕様追加
(local→global→accessoryの順でトグルするので、accessoryにして使う)

1カメさん、2カメさん 2015/11/16

Posted by dbot in MMDのメモ.
add a comment

MMD Ver7.40(2013/06/07)以降、カメラにボーン追従モード搭載
カメラモーションをモデルのモーションに置き換える方法
そぼろさんのツールMMD_MotionWorksに含まれている、CameraObjectを使用します。

MMDがVer7.40にバージョンアップした頃に調べたもの、他にもいろいろやり方はあると思います。
ボーン追従するモデルを切り替えたら、1カメさん、2カメさんみたいにできるかなと

(さらに…)

PMXモデルをメタセコで修正 2015/07/21

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: ,
add a comment

まさかのメタセコXファイルインポート不可、
PMXeがエクスポートできるobjファイル形式でメタセコで読込させてみました。

PMXeでobjエクスポート(PMDeではobj形式の扱いなし)

 

メタセコでobjインポート(サイズ10倍、Z軸反転)

 

メタセコでobjエクスポートして、PMXeでobjインポートしたところ、なぜかモデルが表示されず。
・・・大きすぎてみえなかっただけでした。サイズ1/10倍で多分大丈夫

(さらに…)

メタセコとXとPMXとMMDの表示のメモ 2015/07/08

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: ,
add a comment

メタセコで作成したモデルにボーン入れてウェイト塗り終わりました。

Xファイル(メタセコ出力)
 

PMXファイル(上記をPMXeで読みこみ、PMX出力)

あまりの、のっぺりさにorz

PMXeで作業しているときにうすうす気が付いていましたが、MMDで読み込んでみると泣けますね。

(さらに…)

ウェイト転送プラグイン 2015/07/03

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: ,
add a comment

ウェイト保存/転送プラグイン/TransferWeights
頂点ウェイトをテキスト保存、読み込みで、近傍頂点から自動で設定。
PMD用とPMX用があります、ウェイトファイルの互換性がありません。
http://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/pages/228.html#id_08edca7d

 

ウェイト転送プラグインの宣伝動画 ‐ ニコニコ動画:GINZA
(さらに…)

メタセコでPMD(PMX)形式出力 2015/07/02

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
add a comment

 

mqdl
http://mqdl.jpn.org/
メタセコにプラグインを導入します。
Keynote
ExportPMD (PMX対応版)

コマンドの「ボーン」を起動(?)、
その状態で「ファイル」→「名前を付けて保存」→ファイルの種類「PMD」または「PMX」を選択し出力。

PMD形式出力のプラグインは何種類かあるようです。
metaseqwiki
http://www39.atwiki.jp/metaseqwiki/
私家版 メタセコイア用プラグインリンク集
http://www.siobi.info/program/mq-pluginlink.htm