jump to navigation

エッジの太さ 2016/12/05

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
trackback

エッジの太さ
全ての親ボーンがルート(0番ボーン)、センターがその次のボーン(1番ボーン)が多いよ的な考え方
エッジの太さは1番ボーン(0番ボーン(ルート)の次のボーン)が基準になる。たしか

20161205004

 

カメラと1番ボーン(エッジ基準)とポリゴン実位置関係。

20161205000

たぶん、こんな感じ

 

その1(エッジ太い):エッジ基準よりポリゴン実位置がカメラの位置に近い

20161205001

 

その2(エッジ普通):ポリゴン実位置とエッジ基準がだいたい同じ(エッジ普通)

20161205002

 

その3(エッジ細い):エッジ基準がポリゴン実位置よりカメラの位置に近い

20161205003

メモ
PMDの材質のAはアルファ値、0.98は特殊値セルフシャドウで影を落とさない。不透明(透過なし)1、透明0、0.9は半透明。
PMXはセルフシャドウON/OFFをフラグとして持つ
PmdEditorでPMXをPMDでエキスポートすると、セルフシャドウなしとなり、材質アルファ値0.98、描画セルフ影マップOFF・セルフ影OFFが設定される。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。