jump to navigation

嘘影エフェクト 2016/08/15

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
trackback

 

針金PのLocalShadow.fxを試してみました。

MME適用なし

20160814001

MME適用あり(LocalShadow.fx)

20160814002

readmeより
(3)LocalShadow.pmxの描画順序を影生成を行う対象モデルの直前にします。

描画順は多分こんな感じ・・・であってると思う
LocalShadow.pmx ・・・対象モデルA用
対象モデルA
LocalShadow.pmx ・・・対象モデルB用
対象モデルB

(5)「MMEffect」→「エフェクト割当」の「LSMapRTタブ」より対象モデルを選択して LocalShadow_ShadowMap.fxsub を適用します。

ファイル選択時、ファイルの読込条件を「すべてのファイル(*.*)」に変更
(デフォルトは「fxファイル(*.fx)」)

20160814003

複数のモデル・複数の材質を1つで指定できる模様

 

「Picasa」アップロード終了のため、おとなしくブログの画像アップを使用

「Googleフォト」では、画像のURLが取得できず、ブログに貼り付けできなかった

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。