jump to navigation

MMDでアクセサリのマウス操作 2016/08/08

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
trackback

アクセサリ(xファイル)をマウス操作で調整できます。

カメラ操作モードで右下のアイコンをaccessoryに変更します。

アイコンは、上部が回転(Rx,Ry,Rz)、下部が位置(X,Y,Z)なのでなのでちょっと注意
マウスくりくりするとき移動量
  「Shift」押し:移動量大/「ctrl」押し:移動量小 で調整可能

アクセサリの位置調整はもちろん、アクセサリをパラメータにした連動したMMEの調整にも便利

 

readmeより
Ver.7.97(2013/06/29)
・アクセサリを画面右下のアイコンで移動できる仕様追加
(local→global→accessoryの順でトグルするので、accessoryにして使う)

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。