jump to navigation

1カメさん、2カメさん 2015/11/16

Posted by dbot in MMDのメモ.
trackback

MMD Ver7.40(2013/06/07)以降、カメラにボーン追従モード搭載
カメラモーションをモデルのモーションに置き換える方法
そぼろさんのツールMMD_MotionWorksに含まれている、CameraObjectを使用します。

MMDがVer7.40にバージョンアップした頃に調べたもの、他にもいろいろやり方はあると思います。
ボーン追従するモデルを切り替えたら、1カメさん、2カメさんみたいにできるかなと

そぼろさんのツール
http://ch.nicovideo.jp/sovoro_mmd
配布所→MMD(Tools)→MMD_MotionWorks
同梱されているツール
VMDEditor:VMDの内容表示と修正を行えるツール
CameraObject:カメラモーションを再現するモデルとモーション変換ツール
PathMaker(旧版):自由な軌道で物体を移動させるモーション生成ツール

ツールはMMD Ver7.40より前に作成されたものです。
カメラのボーン追従モード、VMDフォーマットの変更など考慮されていません。

CameraObject.exe:ツール本体
カメラオブジェクト
カメラオブジェクト.pmd:専用のカメラ型モデル。カメラのモーションを再現するモデル。
カメラオブジェクト2.pmd: 同上(多分リネームしたもの)
カメラオブジェクトの「距離[Z]」ボーンがカメラの位置

カメラモーション(vmdファイル)をカメラオブジェクトのモーション(vmdファイル)に変換
また、その逆の変換を行います。変換したモーションはMMDに直接ドロップ可。
モーション変換時キーフレームが増えるます。視野角・距離が適正な値であること。

カメラオブジェクトを読込、モデル表示「OFF」、
カメラ操作ボーン追従あり(「カメラオブジェクト」モデル、「距離[Z]」ボーン)

CameraObject.exeでカメラモーションを、カメラオブジェクトのモーションに変換、モデルにモーション適用

元のカメラモーションとボーン追従モードとカメラオブジェクトから変換したカメラモーションの3つを合成したもの

一致

カメラモーションとカメラオブジェクトの対応
カメラのデフォルトは視野角45、距離30で計算されています。

 

自分でカメラのモデルとモーションの変換を作ってみたもの
キーフレームでは一致するものの、間のフレームで誤差が発生。

カメラ回転はオイラー角制御、モデルの回転はクオータニオン制御・・・ははは、無理!

となって調べて、そのまま放置していた話

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。