jump to navigation

だいたい答えは、readme 2015/03/20

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
trackback

だいたい答えは、readmeに書いてあったorz
Ver.9.00の更新内容より抜粋

右上1


何か追加されました、解りません

・画面右上にフレーム移動ボタン追加("セット","0","Go"ボタン)。
セットボタンで現在のフレームの値をセット。Goボタンでそのフレームへ移動します。
Goボタンは"G"キーに割り当てられています。
(従来、"G"キーはGlobal/Local変更のキーでしたが、Global/Local変更は"L"キーに変更しました)

 

・物理演算オン/オフモード搭載。
物理演算の影響を受けるボーンは、物理オンとオフの状態に切り替えてフレーム登録できる仕様になりました。
物理オンの状態は×印で、オフの状態時には普通の菱形でフレーム窓に表示されます。
物理オン(×印)のフレームは、『演算しない』モード時以外は、物理演算の結果に従って動き、
登録されている値は無視されます。
・フレーム登録時の物理オンとオフの切り替えは、ボーン操作パネルの"物理"ボタンによって
行います。ボタンが押されている場合は、登録されるボーンが物理演算の影響を受ける
ボーンである場合には物理オンとして、押されていない場合は物理オフとして登録されます。
物理演算の影響を受けないボーンは、ボタンの状態に関係なく物理オフの登録となります)
物理オンフレームの次に物理オフフレームが来る場合は、再生時および『トレースモード』時
では物理オンのフレームまでは物理演算結果で表示され、オンフレームからオフフレーム
までの間は、オンフレーム通過時の物理演算結果の状態(毎回異なる)からオフフレームでの状態(毎回一致)へと線形補間されて表示されます(通過補間)。

・『トレースモード』時では、フレームを1つ進めた場合にのみ、1/30秒分の物理演算を
行います。→キーでフレームを進めて物理演算の状態を確かめながら、見る角度を変えたり
しても物理演算結果がそのまま固定されている状態となります。その状態でボーンを登録
すれば、その時の形のままボーンが登録される事となります。

ボーン操作パネル

「物理」ボタンが追加されました。よく解りません。

物理オン
フレーム登録は×印で表示
「物理」ボタンが押し込まれた状態で「登録」
物理オフ
フレーム登録は◆(菱形)印で表示
「物理」ボタンが押し込まれていない状態で「登録」

×-×:物理演算
×-◆、◆-×:ボーン追従として扱う

 

「オン/オフモード」または「トレースモード」時に有効
「常に演算」では全て物理演算、「演算しない」すべて物理演算しない

多分

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。