jump to navigation

捩れ錐揉み 2013/03/14

Posted by dbot in MMDのメモ, 投稿作品.
Tags: , ,
trackback

腕IK(IKMakerX)を使ってポーズを作った

20130310003

腕IKの構造
A:肩→腕+→ひじ+→手首+(腕IK)
B:肩→腕 →ひじ →手首 →指

腕+(A)とひじ+(A)が腕IK影響下ボーン、手首+(A)は腕IKのターゲット
腕(B)とひじ(B)は、それぞれ腕+(A)とひじ+(A)の回転影響下ボーン、
手首+(A)は手首(B)には影響しない。
腕IKで操作する場合は、腕+(A)、ひじ+(A)、手首(B)が基本。

 

はたっと、腕IKの構造が、
あにまさKAITOさんの裾が足と一緒に動くのと同じ構造だと気が付いたら納得した。

20130310001

腕が裾で、腕IKのチェーンが足IKなのね。

 

腕(B)とひじ(B)を操作すると、回転が加算され、手首(B)の位置が手首+(A)・腕IKの位置とズレる。

20130310005

ひじの捩り・X軸回転は手首の位置を変えない。

 

IK影響下のボーン・IKターゲット・IKは初期状態でボーンの向きではなくグローバル軸と同じ向き

20130310004  
証拠物件

 20130310002

MMDのおきてなのか

 

腕IKでの操作は、手首の位置をあわせやすいが
①手のひらの向きをあわせにくい。
②ひじの位置調整がIKでやりにくい。

①腕+(A)、ひじ+(A)のローカル軸がボーンの向きと違うため
捩りに相当する回転を加え難い、
手首(B)とひじ(B)の捩り(X回転)で対応可能

②足IKの設定からの推測、角度制限が無いため
ひじ+(A)への影響が大きく腕+(B)があまり動かない模様
ひじ+(A)の角度制限を加えることで腕+(A)への影響が大きくなる

 

とりあえず、IKチェーンのローカル軸の向きを合わせるために、
AスタンスからTスタンスに形状変更後、腕IK(IKMakerX)を組み込み。
動かすとなんかいい感じです。

20130310006

肩と腕の間にボーン一個いれて腕IKの親にして、追加したボーンの回転でTスタンスをAスタンス化

20130310007

 

Aスタンスとポーズの互換性も夢じゃない

20130310008

じゃない

じゃない

 

。* ゚ + 。・゚・。・ヽ( ゚`Д´゚)ノウワァァァァァァン

 

てか、腕IKの親、ギターにしたいから微妙なところ。

まあ、ローカル軸が合うだけで操作は楽になる。なるんだよ><

 

めも
YMみく、スカート8親右ひざ→左足連動
ギターストラップ、PMXに変換後チェック実施不正面とか削除。重複ボーン登録はインストール後センター欄のギターボーン削除

広告

コメント»

1. 匿名 - 2013/03/15

PMXなら任意にLocal軸設定できますよって

dbot - 2013/03/19

コメントありがとうございます、ローカル軸設定できますね;;


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。