jump to navigation

材質とテキスチャとαと表示順とエディタの確認 2013/01/14

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: , , , , ,
trackback

材質とテキスチャとαと表示順とエディタの確認

半透明の材質に、レース(透過テキスチャ)を貼り付けて、
ラッピングペーパーアクセサリをでっち上げ、不都合を誤魔化す予定でした。
・表示順を利用して、花のアクセサリとモデルの不都合を誤魔化す
・Xファイルで大きさの調整をMMD上で行える
・材質半透明にすることで面の向きを気にせずに使える
はずだったのですが
・Xファイルは、材質半透明+テクスチャ貼付けでもポリ裏は表示されない
・テキスチャが透明の部分は、材質の縁が見える
・PMXエディタとPMDエディタで、テキスチャの表示の仕方が変わる
・そもそも平面の板状からラッピングペーパーっぽく変形できなかった

そんな訳で、
材質とテクスチャの透過度の組み合わせ、ついでに表示順
PMDeのPMDモードとPMXモードでのアクセサリの表示比較
Xファイル・PMDファイル・PMXファイルの表示比較
をごちゃっとごちゃっと確認

PMDエディタの簡易プリミティブ追加で平面(UV設定あり・エッジoff)を作成し、
材質にテクスチャを貼り付けた場合になります。
表示確認MikuMikuDance Ver.7.39dot
使用PMDエディタ
PMDe0.100b(Xファイル・PMDファイル)
PMXe0.215b(Xファイル・PMDファイル・PMXファイル)
それぞれテクスチャ有り(ポリ色はデフォ)とテクスチャ無し(ポリ色青)作成
貼り付けたテクスチャはPNGでα0(透明)、α0.5(半透明)、α1(不透明)
材質のαは左から1.00、0.99、0.50、0.01、0.00
材質の面の向きは上から表面・裏面・斜め45度
表示順の確認
表示順は1.赤→2.青→3.緑、位置は青の後ろに赤と緑
灰色のテクスチャを背景画像として表示しています

(1)テクスチャ無し
101.PMDe0.100b、Xファイル

102.PMDe0.100b、PMDファイル

111.PMXe0.215b、Xファイル

112.PMXe0.215b、PMDファイル

113.PMXe0.215b、PMXファイル

(モデル操作モード)

(2)テクスチャ有り
201.PMDe0.100b、Xファイル

202.PMDe0.100b、PMDファイル

211.PMXe0.215b、Xファイル

212.PMXe0.215b、PMDファイル

213.PMXe0.215b、PMXファイル

(モデル操作モード)

 

Xファイルの裏面はテクスチャ・αに関わらず表示されない
PMDファイルの裏面は材質αが半透明の場合表示される
テクスチャが透明(α0)の場合、材質の縁が素描される
多分PMXe用の何かが足りない

作成物が激しく怪しいです。MMDVer.7.39×64(2012/12/20版)版が活動停止しました;;
何も記述していないものはカメラモード(パースペクティブoff)で画像出力
PMDe0.100bとPMXe0.215bはそれぞれ別に簡易プリミティブ追加で作成しています。
テクスチャ有りのモデルを作成し、X/PMDファイルをエクスポート。
テクスチャ無しのモデルはそこからテクスチャを剥がし、材質の色変更
PMXe0.215bのPMXモデルの検証結果はモデル情報(モデル名・コメントが空)が△くらいなんですがorz

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。