jump to navigation

だいだい無駄時間 2011/10/13

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags:
trackback

MikuMikuTelop(MMT)のスクリプト(MMTScript)記述で楽できないかなと、ごそごそと
フォントの名称の指定と色の指定が流用出来そうなものは無いかなと探してみました。

●MMTScript仕様書より抜粋

:font フォント名
フォント名を指定します。
初期値は"MS ゴシック"です。
→フォント名は正しい名称を記述する必要があります。

:fontcolor R,G,B
フォント色を指定します。RGBにはそれぞれ0~255の整数が入ります。
初期値は255,255,255です。
→色指定はRGB方式の10進指定です。
色名称が使用できない、16進指定ができません。
(フォント色以外の色指定も同じ)
白は255,255,255、黒は0,0,0

●その1
Aviutlの拡張機能「テキスト」の指定から引っ張ってこれないかなと
編集プロジェクト(aup)の中身を覗いて見ると
20111014001 ・・・
フォント指定は見えますが、色指定の数値は見えません、ですよねーバイナリですよねー。
まあ、Aviutlのテキスト機能を参照に、MMTScriptの記述は本末転倒極まりない。

●その2
WindowsLiveWriter、ブログ編集用のMicrosoft製無料ツール
フォント指定と色の指定が出来る、その上ソースにばっちり記述される。
20111014003  ・・・
フォント指定はばっちり見えますが、色指定は16進記述

色が手ごわい、10進記述なのが困り者

●その3
とりあえず色、色の数値が解ればいい。Windows付属のペイント
「色の編集」で色の数値が解ります。

20111014004

おまけにテキスト入力でフォント名が取得できます。
フォント名にあわせてCtrl+C(右クリックは出来ません)→ペースト
20111014005

欠点は、別にテキストエディタを使わないといけないことでしょうか

●その4
windows付属のメモ帳でフォント名が取得できます。
フォント名にあわせてCtrl+C(右クリックでコピー可)→ペースト
20111014006

欠点、メモ帳の表示フォントが変わるのでなんとなく落ち着きません

●その5
windows付属の電卓で表示→プログラマを選択、16進から10進への変換が可能です。
色指定の16進は#RRGGBBの形式です、2桁づつ10進に変換してください。

20111014007

「16進」で入力→「10進」クリックで変換されます。

16進:#FF8040の場合、FF、80,40とそれぞれ変換、10進:255,128,064となります。

前0は必要ありません

 

凝った色が欲しいわけじゃないし
カラーチャートがあれば十分と探してみたのですが
web記述用のため、16進形式の物がほとんどでした。
一応10進形式の記述もあったのですが、ちょっと見にくい
「Webセーフカラー一覧表」
http://www.scollabo.com/banban/lectur/websafe.html
そして基本16色が16進記述のみというオチ
http://www.scollabo.com/banban/lectur/color.html
ははは、欲しけりゃ自分でやれですね。解りました><

16進のみ、色が探しやすい+組み合わせがチェックしやすい
http://www.metalmart.co.jp/color/
10進指定も解るけど、色別にチャートが分かれてる
http://www.color-guide.com/index.shtml

多分次のVerで色名称とRGB16進指定に対応するんだろうな

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。