jump to navigation

リップシンク(MMD杯反省会) 2011/09/05

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: ,
trackback

杯動画のリップシンクは、FALで作成したVMDを用意していたのですが、
モーションをつけたMMD上で確認してみると用意していたものは、口を開きすぎている箇所がありました。
口パクのタイミングがあっているかどうかで確認したため、表情としての確認をしてなかったようです。

一個ずつ調整が必要なのかとも思ったのですが、フレームを移動しながらみていくと
「あ」と「い」が絡む時に開きすぎているようです。
で、MMD上で表情「あ」と「い」を「表情大きさ補正」をつかい×0.5(50%)にしています。
気になっていた早口の顎が外れそうな口パクもこれで解消しました。
(そもそも、この時点で直せばよかった話なんですが(^^;)

さて
MMD上で補正をかける方法ではなくFALで出来ないか見直してみました。

「表情アイテムプロパティ」が使えそうです。

「表情アイテムプロパティ」は1つの表情に対して、複数のモーフを対応させる機能ですが1モーフだけでも登録できます。 また、この登録を変更すると、その表情全体がこの値によって置き換わります(VMDデータに反映)。

20110905004

FALのアイテムのデフォルト値は、すべての表情に対して適用されます。
表情によって一番開いた時のパーセントを変えたい場合、
「表情アイテムプロパティ」を使って表情にウェイトをかけることが出来ます。

アイテムの%×表情アイテムプロパティの%が実際の口の開き方になります。

左:MMDで作成したVMD(①) 中:①をFALで読込み(②) 右「あ50%」ウェイト(③)

20110905002

表情「え」がないモデルの場合、表情「え」に「あ」と「い」の組み合わせが登録されているので
(FAL上は「え」として表示されるがVMDは「あ」と「い」として出力される)
ここのパーセントも直す必要があります。

FALはFALデータを読み込んだ後にPMD(モデル)を読み込めます。
モデル毎(モデラー毎か)に表情の特徴は違うので
タイムラン上のアイテムはそのままにして(こっちは修正が面倒)、
「表情アイテムプロパティ」を使ってモデル毎のウェイトをかけるという使い方が出来ます。
ただしFALで指定できる表情のパーセントは100%までのようです。
モデルによっては、100%以上の開き方をさせたい場合もあるようですが、
この場合はMMDの「表情大きさ補正」対応ですね。

モデルの特徴を掴んでいる場合は、FALで対応した方が楽そうです。

補足:表情モーフの大きさ
MMD→「表情大きさ補正」で100%以上の数値可、マイナス値の入力可、モーションとして保存されるが、表示は0%と同じ状態。
PMDe→「表情スライダー」等でマイナス値および100%以上の数値を入力可
FAL→VMDの読み込みで100%以上の数値可、表示もされる。マイナス値は0%に置き換わる。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。