jump to navigation

螺旋力 2011/09/03

Posted by dbot in MMDのメモ.
trackback

気になっていた、しえらたん様謹製の環状スペアナ

【MMD】環状スペアナを作ってみた【VMDSpectrum】 ‐ ニコニコ動画(原宿)


この構造がどうなっているのかゴソゴソとやってました。

えーと、動画にあるように「螺旋状オブジェクトに透明板」ですね。(´・ω・`)
まんまです。

わかんなかったんだよ・゚・(ノД`)・゚・。

環状スペアナは極北P謹製のVMDSpectrumの出力データを直接使います。
VMDSpectrumが出力するデータは表情(モーフ)を使ったVMD。

表情(モーフ)は直線の動きしか出来ないそうなのですが
環状スペアナの動きは弧を描くもの
直線の動きで弧を描く方法が解りませんでした。

環状スペアナを螺旋の形状にすることで、平面ではなく奥行きのある物となります。
この奥行きを透明板に対して前後させています。つまり直線運動です。
あとはおなじみの透明板(α=0.01)と表示順です。
透明板の前に出る部分は表示され、透明板の後ろは表示されない。

厚み20倍・枠組み削除・透明板を青に着色、裏側から見てます。

20110903001

band1(外側)、モーフ75パーセント相当

20110903002

 

一度、PMDeで厚みを増やしてみたのですが
その時、厚みが少なすぎて螺旋の形状まで見えなかったようです。
今回はオブジェクト操作のスケールZ=20倍で変形、
(プラグインの)サイズ変更ではないので表情は拡大されません
表情も20倍で数値入力して確認してます。

 

【MikuMikuDance】(力技)動画制作講座その1 ‐ ニコニコ動画(原宿)

2:40くらいのヘッドホンの赤い円形の拡大
これぼんやり思い出してたんですがねぇ

発想の柔軟さは大事ですね。

MMD杯で使ってた床はボーンで動きます。
VMDSpectrumのデータをボーンに置き換えてグダグダとやってました。
(Yの動きで、マスクon/offさせてます)
思いついた時はもっと別の動きをイメージしてたのですが、
結果的には普通にモーフで実現できる動きとなってます。とほほ

そいや、円動作させるならボーンの方が楽に出来ると思ってたのですが
ボーンの回転は一度に180度まで、それ以上になると逆回転してしまいますね。
VMDSpectrumの表情0~1の数値を度数に置き換えるとかちょっと夢見てました。

おまけ、レア様の塔を使った大規模実験

20110903003

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。