jump to navigation

とりかえばや・・・(MMD杯反省会) 2011/09/02

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: ,
trackback

 

針金PのGhost.fx ver0.0.1をモデル毎に別のタイミングで
発動させる方法が解らないのでぐだぐだとやってました。

Ghost.fx の同封ファイル

①Ghost.x ・・・MMDからパラメータの引渡し用
②Ghost.fx ・・・MMEは①と同じファイル名を持つfxファイルを読み取る
③Ghost_Mask1.fx ・・・②から呼び出される
④Ghost_Mask2.fx ・・・②から呼び出される
⑤Hide.fx ・・・fxファイルのどれかから呼び出される
⑥sampleMask.png ・・・②から呼び出される(消え方のマスク)

①②はそれぞれタイミング別で用意、③~⑤はそのまま使用、⑥は消え方によって変更

MMEファイル(fx?)の準備
①と②をモデル毎にコピーしてリネーム、
ファイル名は①’と②’であわせる
②と②’はそれぞれモデル適用の記述修正
初音ミク用
①Ghost_0.x
②Ghost_0.fx →モデル適用(初音ミク)の記述修正
MEIKO用
①’Ghost_1.x
②’Ghost_1.fx →モデル適用(MEIKO)の記述修正

20110902002

MMDの設定
1.モデル読み込み(初音ミク・MEIKO)
2.アクセサリ読込み(①、①’)
3.エフェクト割当(右上のMMEffect→エフェクト割当)
メインタブより適用したオブジェクトを選択して非表示にする
20110902001

4.アクセサリの指定を①はミクに①’はMEIKOのフェードイン/アウトにあわせて設定
5.必要に応じてMMDのモデル「表示」をON/OFFする。
(表示されない状態で影が表示される、白抜き状態になる)

 

最初に試した時と同じことをやってる気がするのですが・・・
なんで今回は上手くいったのか不思議
てかまあ、MEIKOをフェードイン/アウトさせたいのに、
リン読み出してたらそらフェードインもアウトもしようがない(^^;
どこでどう取り違えたのか解らんけどそんな感じで失敗してたのだろうなorz

ファイル名にrinってつけてる段階でお察しくださいです

 

補足:デフォルトのファイル①Ghost.x ②Ghost.fxをそのままのファイル名で使用しなくとも大丈夫らしい

  ②Ghost.fxに記述した対象モデル・アクセサリを重複させた場合、どちらかが有効になる。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。