jump to navigation

つんでれんこつん(MMD杯反省会) 2011/08/29

Posted by dbot in イベント参加, MMDのメモ, 動画作成関連.
Tags: ,
trackback

 

杯動画投稿は、綱渡りのようなスリルに満ちてました。
い、いや、明らかにスリルを倍増させたのは自分なんですが。
出す物を決めたのは早かったし、色々考えてたはずなんですが
実際にフレーム打ち始めたのが・・・・
でもって、打ち込みこそしないものの色々イメージを固めてたつもりが

ぐわっときてぱんっですよщ(゚Д゚щ) !みたいな

「それ全然説明になってないよね」と他人になら冷たく言い放つレベルのものでして。
ええ、一人で突っ込みしてました。
もう少し具体的な形が見えてても、モーションとして作れなかったりとか
まあそんな感じで杯投稿〆日になっても残りのモーションどうするか悩みながら作ってました。

長いのでたたみますねぇ

さて、タイム的にテンジャラスなスメルが漂うところでモーション完成としまして
19:15MMD完了AVI出力
19:28Aviutl編集完了AVI出力
19:52杯動画投稿
こんな感じだったのですが
編集完了から投稿完了までの間にエンコード作業がありまして

Aviutlで出力してそのまま、つんでれんこにお願いしてニコに投稿。
一応、出力されたMP4を再生してみると

音がない

えー
えーーーー

さ、再生してよかった
AVIとwavを別ファイルにしているので、つんでれんこに喰わせる時に失敗したかと
もう一度つんでれんこにお願い
やはり音がしない
しかも、エラー無しっぽい!?
あわあわとニコエンコ引っ張り出して、ニコエンコでMP4変換、杯動画を投稿しました。
間に合ってよかった。
時間でみると30分くらいしかかかってなかったんだねぇ。

さて、落ち着いたので
つんでれんこ、処理完了したときに見えるログでは正常終了としか思えなかったのですが
同じ手順でやったログを遡っていくと
>>WAVファイル作成完了~♪
>>音声エンコ開始~♪
ERROR: Unsupported encoding configuration
>>音声が読み込めなかったから無音ファイルを追加するわよ
いや、ここでこっそりデレられてもですね・・・orz
あれですか、
「これついでにあんたの分も作ったわよ」とおにぎりを渡されてニヨってたら
おにぎりの具がチョコレート
思わず「なんてものを食わせるんだ」と怒鳴ってしまって
後から、チョコレート好きとどこかで聞き込んできて、おにぎりの具にチョコレートいれしまったことを知る
そんなプレイなんですね!そうですね解りました!!

はっ
エンコードとか現実逃避に十分な文字を見てしまったものでつい・・・

ニコ投稿テストは何回かやってたのですが、
その時、使ってたのは元の音源(mp3)をwav変換したもの
杯動画は短くするためにAudacityを使用して加工したwavファイル(短くしただけ)

コーデックチェッカー MediaInfo 0.7.48
●でれ音源(元音源)
フォーマット : Wave
サイズ: 26.7 MiB
ながさ: 2分 38秒
オーバルビットレート: 1 411 Kbps
オーディオ
ID: 0
フォーマット: PCM
Endianness: Little
コーデック ID: 1
コーデック ID/ヒント: Microsoft
ながさ: 2分 38秒
ビットレート: 1 411.2 Kbps
チャンネル: 2 チャンネル
サンプルレート: 44.1 KHz
BitDepth/String: 16 ビット
ストリームサイズ: 26.7 MiB (100%)
●つん音源(加工音源)
フォーマット: Wave
サイズ: 4.40 MiB
ながさ: 1分 44秒
オーバルビットレート: 353 Kbps
オーディオ
ID: 0
フォーマット: PCM
Endianness: Little
コーデック ID: 1
コーデック ID/ヒント: Microsoft
ながさ: 1分 44秒
ビットレート: 352.8 Kbps
チャンネル: 2 チャンネル
サンプルレート: 11.025 KHz
BitDepth/String: 16 ビット
ストリームサイズ: 4.40 MiB (100%)

コーデックチェッカーで見るかぎり、サンプルレートの違いくらいです。
コーデックは同じです・・・よねぇ(子犬の目でちら)

Audacityはコーデックの指定が出来るとかどこかで書いてあったような気がしたのですが
その指定がどこかわからず、それに何故サンプルレートが44.1Hz→11.025Hzと下がったのか解らず。
短くするために、切り抜きした後にファイル→書き出し、そのときには何も指定できなかったはずです。

もともとREAPER0.999とSoundEngineを使ってましたが、
REAPER0.999はwin7に乗り換えたら正常に動かない、編集はできるけど音が出ない状態。
SoundEngineで音の切り貼りは大変。
そこで、マルチトラック編集の出来る音楽ファイル編集ソフトとしてAudacityを探してきたのです、8月21日(日)に・・・
で、Audacityで加工するときに、切り張りする位置を解りやすくするにメトロノーム付きwavと
元音源を読み込んで加工したのですが、先にメトロノーム付きwavを読み込んでいるため、
そちらにファイルの属性があってしまったようです。ぼんやりと音質を落とした記憶があります。

メトロノーム付きwavはREAPER0.999で元音源の音量を調節してクリックソースをぺたぺたと貼って作ったもの。
ただし、直接出力した状態ではMMDでは読み込めなかったため、EcoDecoTooLでwav→MP3→wavの変換をかけてます。
ちなみに元音源のMP3→wavの変換もEcoDecoTooL。両方ともEcoDecoTooLでwavにしてることになります。あれ??

うーん、REAPER0.999の出力したものを使ったのが悪かったのかなんなのか良く解らない

ためしに残しておいたAudacityの設定(aup)ファイルを読み込んで
ファイルのサンプルレート?の指定と思しい部分を44.1hzにして出力しなおし。
それをつんでれんこにエンコードしてもらうと無事に変換できました。
サンプルレート低いとダメなんですかね??

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。