jump to navigation

90度回転コピーめもめも 2011/02/22

Posted by dbot in 雑記, MMDのメモ.
Tags:
trackback

使用モデル:付属KAITO

全ての親付きモデルの全ての親を90度づつ回転させ、回転した時にあるべき位置と向きを確認

初期状態でセンターに値を入れた後、足IKを初期化。

平面で方向を変えるイメージなので、座標はY(高さ)変更なし、回転が影響するのはYのみ。

Y回転 ボーン X座標 Z座標 X差異 Z差異
0 センター 5 10 X Z
0 左足IK 5 10
0 右足IK 5 10
90 センター 10 -5 X=Z Z=-X
90 左足IK 8.92057 -6.07943 -1.07943 -1.07943
90 右足IK 11.0794 -3.92057 1.0794 1.07943
180 センター -5 -10 X=Z -X Z=X -Z
180 左足IK -7.15885 -10 -2.15885 0
180 右足IK -2.84115 -10 2.15885 0
-90(270) センター -10 5 X=-Z Z=X
-90(270) 左足IK -11.0794 6.07943 -1.0794 1.07943
-90(270) 右足IK -8.92057 3.92057 1.07943 -1.07943

PMDEのボーン座標

左足IK:X=1.079427 右足IK:X=-1.079427

MMDのボーン数値入力で見れる値は四捨五入して表示されている模様。

VMD上は小数点以下5桁まで持っている?整数部合わせて6桁?

座標はXYが入れ替わりとプラスマイナス、足IKのオフセット分がちと解り難い。

考えずに、この値でゴリっと変換したほうが幸せかのう。

2011.02.23追記

ごりっと変換、キレイに向きが変わりましたまる。

MMD上「左足IK」→「右足IK」で表示されるが、VMDコンバータ後のCSVファイルでは「右足IK」「左足IK」の順番に並んでいた。
不要フレーム削除、0フレーム目と同じ状態のフレームが3個連続して登録されていると削除される。(当たり前だけど)
MMD上の±180度表示をEXCELで算出可能か

2011.02.27追記
X座標とZ座標を入れ替えるということは、本当は補間曲線のX移動とZ移動も入れ替えないとダメだねぇ。
VMDConverterは補間曲線部分の展開なし、フォーマットの解析はされてない模様

2011.07.26修正

180度変換時の差異を修正、XZともに-変換

角度は-180-0-180以外の値でもVMDConverterが変換する模様

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。