jump to navigation

ぐだぐだっと検証してます。 2011/02/13

Posted by dbot in 雑記, MMDのメモ.
Tags:
trackback

2001.02.12で使用してたTGAファイルがどうやらMMDver5で対応していない形式だったようです。
TGA24bit形式とBMP形式のテクスチャをXファイルに張ったものを比較

Ver5.22a
TGA(24bit)⇒下地:半透明/テクスチャ:色合いが薄い
BMP⇒下地:半透明/テクスチャ:色合いが薄い

Ver5.24
TGA(24bit)⇒下地:透明/テクスチャ:色合いが薄い
BMP⇒下地:半透明/テクスチャ:色合いが薄い

Ver7.08
TGA(24bit)⇒下地:透明/テクスチャ:本来の色合い
BMP⇒下地:半透明/テクスチャ:本来の色合い

Ver5.24とVer7系統はTGAファイルで透過できるようです。
一応、Ver5.24でPNG形式を試しました。半透明の模様が無い板が出てきました、やはりPNGは未対応のようです。
あと、テクスチャを貼り付けている材質が透明ではなく半透明になっているようです。いろいろグダグダです。

勢いで検証みたいなことを始めましたが、何をしたいのかがハッキリしないと迷走するだけでね。
私の環境ではVer5系統の方がAVI出力がキレイなのでVer5非対応のテクスチャが使われていた場合にどうしたらいいか確認しときたいのです。
あと、アクセサリを作る際にテクスチャ貼付で透明に出来ないと、その形状の方を図柄に合わせて作成しないといけません

何を確認したいか
 「Ver5系統」で「透過情報」を持つテクスチャが使えるかどうか
 「Ver5系統」と「Ver7系統」の表示方法の違い(+操作モードとAVI出力の表示方法の違い)
確認観点
 テクスチャに使用できるファイル形式、およびファイル形式毎の特徴
 材質とテクスチャの組み合わせによる見え方
 MMDのVerによる見え方の違い
 TGA形式ファイルの透過情報の有無の確認方法

それから、PVPVwiki見る重要

アクセサリの制作

材質のAはアルファ値、不透明(透過なし)1、透明0、0.9は半透明。0.98は特殊値セルフシャドウで影を落とさない。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。