jump to navigation

フレームの拡大縮小 2011/01/19

Posted by dbot in MMDのメモ.
trackback

MMDでフレームの拡大縮小

範囲指定後、「拡大縮小」ボタン→「拡大縮小率」を指定

20110118mmd01

0.95を指定した場合
フレーム050→047
フレーム100→095

に打ち直される。

拡大縮小「1.0」指定の場合、何も処理しない。
小数点以下4桁の対応確認(多分制限なし)
ボーン全体を拡大縮小、特定のボーンのみの拡大縮小は出来ない。表情(モーフ)は対象外。
補正曲線は残る 
カーソル位置に拡大縮小した結果を貼り付ける。
カーソル位置が範囲選択の開始位置の場合、元のフレーム登録は削除したうえで
拡大縮小した結果を貼り付ける。
それ以外の場合は、そのまま貼り付ける。

多分こんな感じ。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。