jump to navigation

X軸反転ペーストの手順 2010/12/06

Posted by dbot in MMDのメモ.
Tags: ,
trackback

成功したので手順確定させる。
事前作業:モデルの左右足IKのバイアス値を調べる。(後述)
1.元のモーションを全フレーム指定でコピー
2.反転ペースト(ペースト先になにも登録されてないこととする)
3.センター・左足IK・右足IKのフレーム登録を選択*1
  フレーム編集→フレーム位置角度補正で
   位置:X=-1.0/Z=-1.0 (符号反転)
4.左足IKのフレーム登録を選択
  フレーム編集→センター位置バイアス付与位置
   X=-2.159 (モデル毎に違います*2)
5.左足IKのフレーム登録を選択
  フレーム編集→センター位置バイアス付与位置
   X=+2.159 (モデル毎に違います*2)
6.センター・左足IK・右足IKのY軸の角度βを計算して入力
  Y軸の角度を絶対値で180-度数し符号逆転
   α:元のY軸の角度
   β:反転ペースト後のY軸の角度
   β=(180-(αの絶対値))×(-1×αの±記号)
   β=(180-ABS(α))*SIGN(α)*-1 ecxel式
*1:移動回転が出来るボーンでフレーム登録しているボーンはすべて変更対象だと思う
*2:付属KAITOのバイアス値
【バイアス値の決め方】
左足IKが-、右足IKが+のバイアス値になる
A.PMDエディタのボーン座標から決める。 
 PMDエディタのボーンタブから該当のボーンを選択
 左足IKのX軸バイアス値=右足IKのX軸ボーン座標×-2
 右足IKのX軸バイアス値=左足IKのX軸ボーン座標×-2
B.MMD上でセンターY軸180度回転させ、左右足IKの位置を使用
 該当モデルを読み込み、初期状態でセンターをY軸180度回転
  ボーン編集→数値入力→角度Y=180を入力
 左右足IKを選択し、「初期化」を行い、X軸の位置を確認
  ボーン編集→数値入力→位置Xの値を取得
これでいいのだ
成功しました、感動!!!
該当フレーム、約150フレーム
・・・地道にトレースしたほうが早いような気がしたら負けだから!!
●便利ツール:Vmdconverter
vmdとcsv形式(テキスト)の変換ツール。execelなどでvmdデータ編集が可能。
この存在をもっと早くにしってれば、Y軸の度数一発変換できたのに・・・。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。