jump to navigation

MMDの座標 2010/12/05

Posted by dbot in MMDのメモ, 投稿作品.
Tags: ,
trackback

X軸を中心とした反転ペーストを諦めきれずごそごそと
MMDの座標についていまさら確認
MMD座標1
MMDの角度は度数法で、360度表示ではなく、±180度表示です。200度=-160度なのです。
そしてY軸の回転が±の反転するのはZ軸の0座標となります。
MMDでの反転ペースト(Z軸基準)が、角度の反転が±で行われるのはこのためです。
余談ですが、カメラの角度だけは±180度の制限なし、
360度以上の数字もマイナス値も上限なしで使えるそうです。0→810だと2回転+90度します。
カメラの角度を見た目で手入力や正面ボタンでカメラを直して登録すると、逆回転したり2回転したりします。
X軸を基準とした場合どうなるか?
Y軸の回転が-20度であれば-160度となればOKです。
 α:元のY軸の角度
 β:変更後のY軸の角度
 β=(180-(αの自然数))×αの±記号
 β=(180-ABS(α))*SIGN(α)  excel式
 β=(180-20)×-1=-160度
 多分この値でX軸基準の反転が出来ます。
多分、きっと。
 位置Zを±
 回転Yを計算により求める(β)
こんどこそ・・・そう願いたい。


直接なら↑この手法ですが、左右反転の部分が面倒なので
1.左右反転ペースト(Z軸)
2.左右反転なしの方向転換
 センターと足IKを手打ち
 位置Z・Xを±
 β=(180-(αの自然数))×(-1×αの±記号)
 β=(180-ABS(α))*SIGN(α)*-1 ecxel式
 回転Yを絶対値で180-度数に符号逆転
 元:-20→反転ペースト:20→X軸方向変換:-160
位置と回転の±反転は「フレーム編集」→「フレーム位置角度補正」で
該当のパラメータを-1.0と設定することで出来る。
今までテキトウにやってきたので座標の±をいまいち理解してなかったのですが
XY軸は+方向にガイドラインが出るのに対してZ軸は-方向にガイドラインが出てます。
画面正面の時、Z軸は手前が+ではなく奥が+ということ。
どうりで、Z軸を動かした時、逆方向に進むわけだ。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。