jump to navigation

モデル改造(アクセサリ組込み) 2010/11/18

Posted by dbot in MMDのメモ, 動画作成関連, 投稿作品.
Tags:
trackback

PMD形式のアクセサリの場合、モデルと合成して一つのPMDファイルとする。
1.PMDEditeでモデル読み込み
2.追加読み込みで組み込みたいアクセサリを読み込む。
3.ボーンの連結、表示の確認追加を行う。
4.別名保存


合成するモデルを位置あわせした状態で保存し、合成元を開き追加読み込みで合成。
位置あわせはオフセット機能で行う。
角度の変更はしないほうが無難
MMDアクセサリ組込み
位置をずらす
 編集→プラグイン→system→位置オフセット
大きさを変える
 編集→プラグイン→system→サイズ変更
ボーンタブを開き、該当するボーンのボーン座標とボーンの番号を確認
左右反転モデル
 PMDView→編集→モデルの鏡面化
 名称に「右」「左」があるとすべて、「右→左」「左→右」と変更される。
 
左右の扇を組み込む場合、
追加読み込みの順番は左扇→右扇の順番に読み込むこと
ボーン表示の順番が読み込んだ順になるため、左を先にする。
MMDのモデルは通常左側が先になってます。
PMD編集 文字しかでないメイン画面しかも後ろに隠れてしまう。
PMDView モデルが表示されるサブ画面
TransformView PMDView→表示→モデルの変形確認

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。